予想より高い値段で家を売れる任意売却

任意売却の開始手続きとは

住宅ローンが払えなくなった時、任意売却や競売を検討しますが、競売の場合には思っていたよりも安い値段でしか処分できなくなります。 ローンも払えないほど経済的に困窮している状態ですと、少しでも多くのお金を得なければ生活にも困ってしまいますね。 このような時には、任意売却を行ってみるとよいです。 任意売却の場合、強制的な売却ではなく、買主と話し合いを行い売却金額を決めていきます。 そのため、競売に比べても高い値段で家を売ることができ、より多くのお金を手に入れることができるのです。 任意売却を行えば、売却した後の債務もなくなりスムーズに新生活を送っていくことも可能になります。 今現在債務にお悩みの方は、任意売却を行ってみるとよいでしょう。

 

任意売却は競売より有利

ローンの返済ができなくなった時に任意売却をためらっていると、担保となっている不動産は裁判所が関与して競売に掛けられます。 任意売却でも競売でも、残債のある不動産を売却して返済に充てるのは同じですが、任意売却のほうが圧倒的に有利です。 これは、競売の性質上、最低売却価格は相場よりもかなり低い金額からスタートするのが通例だからです。 いくらもっと高い金額で購入しているからといっても、競売というのは一種の強制執行となるので、競売の価格に口を挟むことはできません。 任意売却は、競売と違い売却そのものの手法は通常の売却と同じで、市場の相場に近い金額での売却が可能です。 それでも、任意売却がローンの返済という目的である以上、あまりに高く売ろうとして売れないでいるのは、融資した金融会社も許さないでしょうから、ある程度の妥協は仕方がありません。

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar