任意売却を勧めるケースとは

任意売却を勧めるケースとは

住宅ローンは、3ヶ月滞納した場合には、一括返済を迫られる厳しいローンです。 ローンを滞納するのですから、返済が厳しい家計状態になっている事は間違いないので、競売にかけられ住宅を手放さなくてはならなくなります。 そのような場合には、任意売却をする事が良いでしょう。 任意売却は、競売にかけられるよりはずっと高い値段で売却する事が可能です。 マイホームを維持する事が難しい場合は、任意売却をして賃貸の安い物件に引っ越すべきでしょう。 もし、ローンの残高の方が、物件の現在の価格よりも高い場合、差額が発生します。 残債務として借金を背負う事になりますが、無理のない金額を払っていくことが可能なので、任意売却をした方が有利です。 賃貸の物件と残債務のローンを払っても、住宅ローンの支払より安くなる場合は、生活の立て直しがしやすくなる任意売却をする方が良いので、検討すると良いでしょう。

 

任意売却で生活を再スタート

任意売却という言葉は聞いたことがありましたが、賃貸暮らしの私にとっては縁遠く思っていました。ところが、意外な形で任意売却という言葉を聞くことになったのです。 仲の良い友人なのですが、最近引っ越したという連絡がありました。詳しく事情を聞いてみると、住宅ローンを払えなくなってしまい任意売却という方法で自宅を売却したそうです。 任意売却は不動産会社が仲介して行うそうですが、いずれにしてもローンがなくなったおかげで、生活が楽になったと笑顔で話していたので安心しました。 私もマイホームの購入を検討している身なので、いざという時に慌てないように任意売却などの不動産関係の知識を、少しづつ勉強しておいた方が良いのかも知れません。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar