競売手続きに入った物件の任意売却

競売手続きに入った物件の任意売却

ローンの支払いが滞って、債権者が債権の回収のために競売を申立てた場合であっても、申立てが取り下げられれば任意売却は可能です。 しかし、既に申立てられている競売を、債権者が取り下げてまで任意売却に応じる可能性はあまり高くありません。 なぜなら、任意売却をするには債権者が諸費用の負担をしなければならないうえに、任意売却で必ずしも競売より高い値段の売却が行われる保証すらないからです。 確かに任意売却は競売よりも高い金額で売れることが多いのですが、トータルで考えてメリットが大きいほうを債権者は選ぶということです。 実際のところ、入札が行われるまでは競売の申立てを取り下げることは可能ですが、債権者を納得させる理由を提示するのが難しいため、競売になる前に任意売却を進めなくてはなりません。

任意売却とはどのようなものか

任意売却とはどのようなものなのでしょうか? 任意売却というのは、住宅ローンを借りている人と住宅ローンの金融機関とが合意して、強制ではなくて任意で不動産の売却を行うことをいいます。 住宅ローンを借りている人が返済できなくなってそのままにしていると、金融機関は不動産の競売の申立を行って、資金を回収するために売却を行おうとします。 しかし、競売の場合には、市場価格より安い売却価格になってしまいます。 そのため、その前に前もって金融機関と話し合って、債権額にはならないことを承知の上で、中古の一般の住宅と同じ様に売却することを任意売却と言います。 金融機関側は、任意売却の方が競売を行うよりも多くの資金の回収ができるというメリットがあります。 また、この任意売却の場合は、住宅ローンを借りている人も普通の売却と同じのため、残った住宅ローンの返済も、現在の生活状態に応じて、柔軟に対応してくれるケースが多いです。

【神奈川県(他市・町)】
相模原市/ 鎌倉市/ 逗子市/ 三浦市/ 葉山町/ 厚木市/ 大和市/ 海老名市/ 座間市/ 綾瀬市
愛川町/ 平塚市/ 藤沢市/ 茅ヶ崎市/ 秦野市/ 伊勢原市/ 寒川町/ 大磯町/
南足柄市/ 中井町/ 大井町/ 松田町/ 小田原市

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar