お子さんがいる場合の任意売却

お子さんがいる場合の任意売却

お子さんがいる場合の任意売却

お子さんがいる場合でありましても、住宅ローンなどを支払えないと競売か任意売却を考える必要があります。 その競売か任意売却というものですが、お子さんが学生でしたら任意売却がお勧めです。 それには理由があります。 お子がんが学校に通っている事を考えると、中途半端な時期に引越しするというものは大変です。 せめて学期終わりに合わせて、引越しをするべきでしょう。 そこでお子さんがいる場合には任意売却となるわけですが、その理由としては引越し時期の調整があります。 任意売却は買い主の方と個別に交渉することができます。 競売の場合は任意売却と違い得に退去日を交渉することはできません。 以上の事から任意売却がお勧めになります。 お子さんの意見も少し聞いておくとよいでしょう。

 

任意売却をおこなう際の売却価格は誰が決めるのか?

任意売却において債務者は、残ったローンの支払いがあるため、なるべく高く売りたいと考えるのは当然かもしれません。では任意売却をおこなう際の売却価格は誰がどのように決めるのでしょうか。これは債権者(金融機関)側が、その物件の査定をもとに、価格を決めます。比較的債務者の希望に沿う形ですすめる任意売却ですが、この価格に対しては債務者は不服でも従わなくてはなりませんので注意が必要です。ただ査定価格を参考に、売却できるであろう金額設定をしているはずです。売りたくても、売り出した価格が高すぎて誰も買ってくれないと、任意売却ができなくて、結局競売になってしまう可能性もありますのでここは慎重に吟味しプロにまかせたほうが上手に任意売却ができるでしょう。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar