不動産会社のサイトで、住宅の販売形態の紹介をしていました

不動産会社のサイトで、住宅の販売形態の紹介をしていました

住宅を購入しようと思って、ネットでいろいろ調べていると、ある不動産会社住宅を購入しようと思って、ネットでいろいろ調べていると、ある不動産会社のサイトで、住宅の販売形態というのは、分譲物件と仲介物件に分かれ、それぞれによって購入の流れが変わりますという紹介をしていました。

その不動産会社のサイトを見てみると、分譲物件の場合は、不動産会社から直接購入する物件で、一般には新築マンションや新築一戸建てということでした。

また、仲介物件の場合は、売り主から販売の依頼を受けた不動産会社を通して購入する物件で、一般には新築一戸建てや中古物件ということでした。

そこで、今回購入しようと思っていたのは、新築のマンションであったので、不動産会社から直接購入する分譲物件ということが分かりました。

不動産投資と不動産投資信託の違い

不動産投資と不動産投資信託という言葉を聞いたことがあるかと思います。いずれも、不動産によって金銭を増やすことを目的とする投資方法なわけですが、その仕組みは異なるものです。では、どこが異なるのでしょうか。

まず不動産投資とは、自ら転売なり賃貸借に向いていそうな収益物件を探し出し、それに投資をする方法です。これに対して不動産投資信託とは、収益物件探しから不動産の運用までを専門業者が行い、この業者に対して投資を行い、利益が上がれば配当を受ける方法です。つまり、投資対象が不動産であるか業者であるかが異なります。

前者は自力で収益物件を探し運営を行うために自由度が高く、後者は難しい作業を業者に一任するために難しい知識は不要であるメリットがあります。

■ 東京23区内
       
       
       
       
       
       

 

Calendar