不動産を貸家に

通夜の流れについて

不動産購入は人生の一大事です。

大きな金額の買い物である不動産は、大抵の人にとって一生に一度の買い物でしょう。

我が家でもそうなるはずでしたが、夢の一戸建てを購入し、さあ入居という直前に転勤になってしまいました。

急遽、不動産屋に管理をお願いし、転勤先の土地で新たな暮らしを始めましたが、そこの暮らしが長くなり、当分帰ることが出来なくなりました。

不動産を持っているのに、そこで暮らせず、借家暮らしというのも悲しいことですよね。

そこで、新たに2件目の不動産を購入することになりました。

不動産が2つあると言うと、うらやましがられることが多いのですが、借家人が変わるごとのメンテナンスや賃料の未振込みなど、面倒なことが多いので結構大変です。

 

不動産事業所数と業務の関係

不動産業の事業所数は、総務省の調査によると約33万件になっています。不動産業にはさまざまな業務があるため、そのうちでどんな業務を行っているかによって、不動産事業所の規模は異なってきます。最も事業所の数が多いのが貸家・貸間業であり、不動産業の4割程度を占めます。しかし平均すると、一事業所あたりの従業員数は1.7人であり、家族で営んでいる駅前不動産屋が中心になっていることがうかがえます。反対に、不動産管理業や建物・土地売買業は比較的規模は大きくなっています。前者は、不動産の管理の実務にかかわる人数が多くないと事業そのものが成り立たず、後者では、一定の資金力や規模がないとやはり行うことができないが故に人数が多くなるのです。

 

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。

■ 東京23区内
       
       
       
       
       
       

 

Calendar